スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瑛太と私の戦い②

2007/10/31  CATEGORY/未分類
『猫の集会場』のオフ会に行けなくなった事を連絡した私は、母に車を借りホームセンターへと走り、ミルクと哺乳瓶と、トイレシート、ペット用ウェットテッシュなどを買い込み瑛太の元へ急いで戻りました。

瑛太はミルクを一生懸命飲んでくれ、その後は、タオルで巻いたお湯入りのペットボトルのそばで、今までの寒さや空腹を忘れるように眠っていました。


未


その頃の瑛太は、数時間経つと「おなかすいたー!!」と騒ぎ、寝て起きる度に両目とも、目やにで目が閉じてしまっていたし、鼻水で鼻がカピカピだったので、その度にぬるま湯で濡らしたコットンで拭いてあげていました。


未


そして、保護して2日後、最初の病院へ連れて行き、体重200g、生後3週間位である事、風邪をひいているので抗生物質を飲ませる事、目やにをキレイにとってあげる事、など診断されました。


未


それから1週間、昼間は私も仕事に出てしまうので、夜中こまめにミルクを飲ませ、目やにを拭き、お薬を飲ませました。


未


その週末、目やにが収まらないのと、目が段々開かなくなってきてるのを不安に思い、また先日の病院へ。



また新しい抗生物質、液体と軟膏タイプの目薬を処方されました。
しかし、体重は変わらず200g・・・・・
不安に思いつつも、目薬もらったし、きっとよくなる!と信じてまた1週間がんばりました。


未


しかし・・・・・・・

目はどんどん開かなくなり、鼻水もくしゃみも止まらず、瑛太もどんどん元気がなくなってきていました・・・・・

そして、またその週末に同じ病院へ連れて行ったのですが、体重は変わらず200g・・・・・・
また新しい目薬と抗生物質を処方されました。
瑛太がおしっこはするのに、うんちをあまりしない事が気になっていたので、それを先生に質問してもなんだかはっきりしたお答えはもらえず、「衰弱しているので、危ないかもしれません・・・・・」と、言われてしまいました。


未
軟膏タイプの目薬を点してうるうるの瑛太。


私は、すごく落ち込みどうしたらいいか分からなくなり、いつもアドバイスをもらってた『猫の集会場』のみなさんに、またまた相談する事に・・・・
すると、猫に詳しいあの方に相談するといいよ!!と、教えて頂き、『キョロ日記』のキョロさんにメッセを送りました。

そして色々なアドバイスを頂き、また病院を変えてみるのも手かもよ。と、言って頂いたのをきっかけに、違う病院へ行く事に決めました。


ここが、私と瑛太の運命を変えた瞬間だったのです・・・・・



続きは明日♪
「人気ブログランキング」に参加しています。
↓応援ぽちっお願いします!!!
banner_03.gif
ありがとニャ!!(=`ω´=)/゛



『今日の一芸』


未


私の手のひらをちゅっちゅする瑛太。

(T▽T)ウウウ
この頃の瑛太を見ると、ホント、せつなくなります・・・・・・・
スポンサーサイト
この記事へのコメント
そうですね、何だかこんな姿を見てると、辛いですね。
まちこさんが、どんなに心細かったか分ります。。。
病院によって、診断や治療方法が違いますよね。
私も、まちこさんの立場なら、その病院で出された目薬点して
先生に言われたままでいたと思います。。。
先生のいうようにしてれば治ると信じてしまいます。
でも、今ではあんなに元気な瑛太くん!
この頃から、想像も出来ませんよね!
| URL | 2007/10/31/Wed 10:56 [EDIT]
今では白い部分は真っ白、模様もはっきりきれいなにゃんこに育ってくれました♪
病院選びは難しいですね・・・・
特に、うちのアトムはいつも元気で病院にかかった事がなかったので、獣医さんに関しての知識がゼロだった私にとって、言われるまで病院を変えるって想像はしなかったですね。。。
この時、キョロさんに相談しなければ瑛太はきっと、今はいなかったでしょうね・・・・・
そう思うと、本当に猫集に入ってて良かったなぁ~と思ってます(*´∇`*)
いつもありがとうございます♪
まちこ | URL | 2007/10/31/Wed 16:43 [EDIT]
瑛太くん・・・この瑛太くんの姿を見ていると
小さいまま亡くなってしまったくれあを思い出します。
くれあも体重が増えず、猫風邪は酷くなり、
瑛太くんよりも小さくて弱かったので結局お星さまに・・・。
この頃のまちこさんの気持ち、本当によくわかります。

ここあの保護主さんがここあを連れて行ってくださった病院では
目が癒着していたのに目薬の処方が無かったの。
保護主さんも別にそれを何とも思っていらっしゃらなかったようだけど
私は粘膜の炎症がこんなに酷いのに点眼薬が無いのはおかしい!と思って
ここあが来てすぐにうちのかかりつけ病院に連れて行ったの。
結果的に、ここあの目が今のように回復できたわけで、
やっぱり病院選びって大切だし、
疑問に思ったらセカンドオピニオンを取ることも必要だな、と思い知らされました。
瑛太くんもいい病院に出会えて本当に良かった・・・(T-T)
ちゃこぽん | URL | 2007/10/31/Wed 19:15 [EDIT]
こんばんは
ご無沙汰しました。またまた子猫を保護してしまいまして(汗)バタバタとPCを開けない日が続いていまして・・・
 瑛太くん、幸せを運んで行ってしまったのですね。
幸せなことなのだけど、やっぱり寂しいことでしょう。
 私、何も知りませんでした。瑛太くんが大きくなるのにこんな苦労があったなんて・・・病院って本当に大切ですよね、私が先日保護した子は600グラムあったのですが、ごはんを食べてくれなくなり、かかりつけの獣医さんがお休みで以前かかっていた病院へつれていったのです。
 そこで脱水からくる衰弱で食べるだけの体力がないと言われ、皮下注射を打ってもらったのですが、「あ」っと言われた先生、次の言葉に驚きました。「突き抜けちゃった」・・・・・・・・・たいして悪びれない物言い、そして入院するまでではないと言いつつも「入院は一泊おいくらですか?」と聞くと「1日1万です」といれてまして、「入院した方が良いです!」とさっきまでは必要は無いといっていたのに手のひら返したように入院を勧められました。
 かかりつけの先生にそのことを話すと「高いなぁ~」「いいなぁ~儲かって」と笑いながら話してました。
 本当に信頼できる先生はお金じゃないのだと改めて思いました。
 小さな小さな、瑛太くんを見て泣きそうになっちゃいました。
ぴんが | URL | 2007/11/01/Thu 02:24 [EDIT]
コメントありがとうございます♪
ちゃこぽんさま
目薬なかったんですか・・・・・
病院選びは大事ですよね。
目薬も、病院によって出す種類が色々だそうで、2件目の病院で出してもらった目薬を差したら、あれっ?と思うくらいにすぐ開いてきました。
だから、もっと早く行けば良かったなぁ。と、大分後悔しましたね・・・・・
くれあちゃんも、最後に優しいパパとママに包まれてきっと、幸せだったと思います。

ぴんがさま
なるほど~
テトちゃんの入院はそんな経緯でしたか・・・・・
でも、元気になったようで本当によかったですね!!!
それにしても次から次へと大変ですね。。。
もう、冬の間はゆっくりして下さいね!!と、言うかゆっくり出来る事祈ってます☆
瑛太の、風邪が治るまでの事はやっぱり暗くて辛い事が多かったので、あまり見せてもな・・・・・と思ったり、お顔もあまりかわいくなかったですからね(笑)
でも、すっかりかわいいお顔になってくれてうれしいです♪

私も、この頃の瑛太を思い出すと、泣けてきます・・・・
まちこ | URL | 2007/11/01/Thu 11:05 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://konekototomoni.blog114.fc2.com/tb.php/212-bee1d72e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。